15 June 2006

36

36 by Olivier Marchal 2004 France

久々に面白い刑事物サスペンスを観た。パリ市警チーフポジションを争う2人の刑事Leo Vrinks (Daniel Auteuil) とDenis Klein (Gerard Depardieu)。Vrinksは連続強盗の情報を得る為密告者の殺人を加担する事になり、一方捜査ミスから同僚を殉死させ解雇の瀬戸際にあった Kleinはこの情報を入手しVrinksを陥れる。細かいエピソードが上手く書かれ又刑事の細かな心情も上手く出しじわじわとくる演出もなかなか見応え のあるものだった。この監督Olivier Marchalはハリウッドスタジオからヘッドハントされてるだろうなーと思いネットで調べてみたらなんとOlivier Marchalは元々検事、その後TVを中心とした役者となり又刑事ドラマなどのアドバイザーし、脚本を書くようになり、これが劇上映画デビュー第一作 目。その前にTVドラマを一本撮っていた。なるほど!上手く細かい所が演出されている訳だ。今後は役者としてTVドラマが控えているよう。次回作が早くみ てみたくなる監督であった。ちなみにDaniel AuteuilとGerard Depardieuの2人もよかった。刑事物が好きな方にはお勧めの作品です。

3 comments:

claudiacardinale said...

Commented by paris-cordon at 2006-06-17 20:33
刑事物が好きな方・・・・私だ!! 笑
記事を読んでるだけで ワクワクします。
見たい 見たい 見たい
でも フランス語で・・・・専門用語とかわかんないだろうな~
日本で見よう。
日本は 半年後に公開くらいですよね?

Commented by margot2005 at 2006-06-18 20:50
こちらにも、オートゥイユ大好きです!ドパルデューも出演しているのですね。刑事物も結構好きです。
上の写真見た覚えがあるのですが...日本でも公開されるのかしら??

Commented by claudiacardinare at 2006-06-19 17:58
paris-cordonさん、これって2004年フランス制作だから多分そちらではDVDが出ているんじゃないかしら。私がよくやる手が、DVDでサブタイトル付けてみる方法。日本語でも英語でも作品によってはしゃべりがくちゃくちゃわからないのがあるじゃないですか、そういう時サブタイトル助かります。

Commented by claudiacardinare at 2006-06-19 18:05
margot2005さん、そうそう、嬉しい限りの俳優陣ぞろいデス!オートゥイユなかなか渋い演技でいいですよー。ドパルデューもいやなやつで。これロンドンで観たんですが、どうなんでしょ?いつ日本公開なんでしょうね?日本はヨーロッパ映画公開はやいですからね。

margot2005 said...

CCさんこんばんは!こちらにカキコに来よう、来ようと思いながらついつい時間がなくて...
マイ・ブログに書き込みされる際、フリーズしてしまうとのことで...当方Macですが...

こちらの記事を読んで以来観たさが100%以上に達しまして、公開してすぐの日曜日に銀座に飛んで行きましたの。日本の配給会社って俳優でセレクトするので、メジャー映画館は殆ど売れてるハリウッド・スターの主演ものばかりです。
なものでこれは案の定単館公開で...
しかし公開以来TVでも新聞でも絶賛しておりますので、全国展開されることでしょう!
UK公開時は"36"でしたのね?シンプルで素敵なタイトルですね。
邦題の「あるいは裏切りという名の犬』というのは誰が??考えたの??おっしゃいなさい!!と聞きたいところです。
とにかく映画は素晴らしかったですね。過去の白黒のフリック・ストーリーがよみがえりました。主演二人の俳優は名優の域に達しておりますわね。

claudiacardinale said...

margotさん、こちらもマックユーザーです。???なんでしょう???まあのんびりと書き込みトライします。

「36」の邦題「あるいは裏切りという名の犬』とは!考えた人もこの邦題よく思いつきましたねぇ。邦題って面白いのがあったり、妙に得ているのがあったり、とんでもないのがあったりと、これも日本の映画文化の一つですね。

是非是非日本で全国展開してもらいたいです!!
ではよいクリスマスを。