13 May 2019

Bitter Victory / 苦い勝利

by Nicholas Ray 1957 France, Germany

第二次世界大戦、北アフリカのリビア。イギリス軍はベンガジにあるドイツ軍司令部から機密文書の剥奪作戦を立てる。デイビッド・ブランド少佐(クルト・ユルゲンス)が作戦任務を任されまたアラビア語を話すリース大尉(リチャード・バートン)が一隊に加わる。ブランド少佐の妻ジェーン(ルース・ローマン)は夫に会うために司令部にやってくるが、ここで出会ったのはかつての恋人リース大尉であった。動揺する2人、そしてジェラシーを覚えるブランド少尉。この2人の将校が作戦の為にベンガジに向かう。

この作品はドンパチ戦争映画とは違い、人間の内面をフォーカスしている。一人の女性を巡る2人の将校、そして戦争という名に置いての殺害、信頼、裏切りとドロドロとした人間模様である。ナイフでドイツ兵を殺すことを躊躇ったセリフの一つに「遠くにいる人間を銃で殺すのと、ナイフで自ら殺すのは全く違う事だ」というのがあり、なるほどと思えた。

なぜフランスが製作国なのかと調べてみたら、原作は仏人作家で監督のニコラス・レイはフランスで評価が高かった為だそうだ。

それにしてもリチャード・バートンは色男だ。エリザベス・テイラーと2回を含め合計5回結婚している。才能があって色男と申し分のない俳優だ。

3 May 2019

Billy Budd / ビリー・バッド

@ Royal Opera House
作曲 : Benjamin Britten
演出 : Beborah Warner
指揮 : Ivor Bolton

1951年初めてロイヤル・オペラで初演されたベンジャミン・ブリテンのオペラ「ビリー・バッド」は今回約20年振り。デボラ・ワーナー演出2016年マドリッドのテアトロ・レアルで上演されたプロダクションである。インドミタブル巡洋戦艦に乗船する船員ビリー・バッドを巡る話。艦長ベーレを歌ったトビー・スペンスを初め歌手陣はなかなか。またプロダクション自体出始めはスローンがらも嫌味のない素晴らしい演出。特にセットが息をのむほどに美しかった。キャストが全員男性、船乗り、そして海軍制服のためか、観客は普段よりは多くのゲイカップルがいたように見えた。やはりオペラは進化系で奇想天外な演出も時には必要なのだろうが、このビリー・バッドのようなシンプルながら実は複雑でしかも美しい舞台が音楽と共に楽しめると実感した次第だ。

4 April 2019

La Forza del Destino / 運命の力

@ Royal Opera House
作曲 : Giuseppe Verdi
演出 : Christof Loy
指揮 : Antonio Pappano

カウフマンとネトレプコの共演で世界中から大注目の「運命の力」、批評もすこぶる良い。でも私が観たのはカウフマンとリュドミラ・モナスティルスカ。Friends+のサブスクリプションで一般よりも早くにチケット購入が可能でオープンと同時に購入を試みたのだが、ネトレプコ版は既に上から下までソールドアウト!一体誰がどれだけ買ってるんだ!!と憤慨、仕方なくリュドミラ・モナスティルスカ版を買ったのだが、これが正解!この全く覚えられない名前のウクライナ出身ソプラノのリュドミラ・モナスティルスカの歌声は素晴らしくまた歌唱力も抜群であった。METに通う友人曰く彼女のアイーダは絶賛されていたとか。この舞台、カウフマンを筆頭にグァルディアーノ神父のフェルッチオ・フルラネット、ドン・カルロのルドウィック・テジエと歌手陣がとても素晴らしかった。一方舞台演出というと写真にあるように、登場人物のクローズアップが所々壁に大きく映し出した演出はかなり邪魔と気になる場面もあったが(写真はネトレプコ)全体的には可もなく不可もなくであった。やはり上手い歌手陣が揃ったオペラは良いものだと実感した舞台であった。

26 March 2019

French Connection / フレンチ・コネクション

by William Fiedkin 1971 USA

クイーンズの鉄橋を走るNY地下鉄とジーン・ハックマン演じるドイル刑事が運転する車、この2つのチェイスシーンが有名な「フレンチ・コネクション」、何度見てもこの映画は面白い。当時1971年に作品賞、監督賞など数々の賞を取っている。フランスからアメリカに密輸されるヘロインのルート、フレンチ・コネクション、このルートを使ってヘロインがNYに大量に密輸されるという情報を得、捜査に乗り出す2人のNY市刑事、ジーン・ハックマン演じるドイル刑事とロイ・シャイダー演じる相棒のルソー。この作品の面白さは玄人の2人の刑事そしてその彼らの捜査の方法。地味でひたむき、たまにはぶっきらぼうの捜査が続くがその垣間に見るドイル刑事の執着心。後半のカーチェイスは派手でありながらも実際にありえそうなシンプルなプロット。ふと思ったのだが、90年代にヒットした、走行をストップすると仕掛けた爆弾が爆発する為永遠に走り続ける市営バスのドラマを描いたハリウッド映画「スピード」は「フレンチ・コネクション」からヒントを得たのかもしれない。話を元に戻すと、この作品の進行は大げさ、奇想天外というよりも、先に述べたように地味で飾り気がないもの。またロケ地も至って特別な場所ではない、当時の荒れたNYの街角が多く、この殺伐とした刑事物語と上手くマッチしている。70年代の寂れたいい雰囲気が画面から伝わってくる。それにしても当時のアメ車はとてつもない大きさ。アメ車で南仏の街を走るシーンがあるのだが、まあNYの道の広さなら大丈夫だろうが、このアメ車であのヨーロッパの狭い道を走るのは神業としか思えない。

7 February 2019

Katya Kabanova / カーチャ・カバノヴァー

@ Royal Opera House
作曲 : Leos Janacek
指揮 : Edward Gardner
演出 : Richard Jones

レオシュ・ヤナーチェック作曲「カーチャ・カバノヴァー」、目玉の歌手もなし、チケットは多く売れ残っているとあまり期待しないで行ったが、最近しっくりこない舞台続きだったのもあるが、リチャード・ジョーンズ演出のこの舞台は特にエキサイティングという訳ではないが安定した、そして随所に創造性が見られるいい舞台であった。アメリカ人ソプラノ、Amanda Majeskiのローヤルオペラデビュー、歌はなかなかの音声で力強かったが,
演技が荒削りと真面目な為に精神的に狂っていくカーチャにはイマイチだった感あり。指揮のエドワード・ガードナーもローヤルオペラデビュー、安定感が感じられた。という事で結果的には見るに値する舞台であった。

1 February 2019

The Queen of Spades / スペードの女王

@ Royal Opera House
作曲 : Chaikovsky
指揮 : Antonio Pappano
演出 : Stefan Herheim

ロイヤル・オペラ新プロダクション、チャイコフスキーの「スペードの女王」。昨年の新プロダクション「カルメン」同様、通常とは違う演出で批評は極端に分かれていた。この舞台はチャイコフスキーの頭の中で起こる「スペードの女王」が表現されている。セットは文句なしに美しく、巨大な鏡が多く使われまるでチャイコフスキーの脳内を覗き込んでいるかの様だ。一方チャイコフスキー自身がこの舞台に現れ、とにかく舞台に出ずっぱりで、それに気を取られてオペラ自体を楽しむ余裕がなくなってしまった。要所要所でチャイコフスキーが出るのなら効果的なのだろうがあまりに話に介入しすぎて邪魔な存在となってしまった。
ゲルマン役のAleksandrs Antonenkoが風邪で降板、代わりにSergey Polyakovが急遽代役で歌ったのだが、1幕目は聞くのが辛いくらいだったが2幕目からは調子が出てきたのか随分とよくなった。代役って大変なんだろうなぁと同情してしまった。リーザ役のウエストブルックもあまりパッとせずと今一つな舞台となってしまった。唯一伯爵夫人を歌った74歳のFelicity Palmerには大きく拍手があった。それにしても最近はカルメンをはじめ奇抜な演出が目立つロイヤル・オペラである。

31 January 2019

Roma / ローマ

by Alfonso Cuaron 2018 USA, Mexico

Netflexで配信されている「ローマ」、今期賞レースで数々の賞を受賞している。去年のベネチア映画祭では金獅子賞、今年のゴールデングローブでは外国映画賞と監督賞を受賞している。タイトルの「ローマ」とはイタリアのローマではなくメキシコシティーの「コロニア・ローマ」、この作品の舞台となってる地区である。時は70年代、メキシコ上層階級の一家ソフィアと夫で医者のアントニオ、そして4人の子供の家に住み込み家政婦として働くクレオの織りなす話である。白黒で撮影されたこの作品の時間は静かに進んでいくが、クレオとソフィアが経験する出来事は人生を大きく変えるもの。クレオは全てを受動的に受け入れるが、一方ソフィアは能動的に受け入れる。2人の受け入れ方は異なるながらも共通しているのはその強さである。映像はとても美しい、特にクレオを演じたヤリッツァ・アバリシオの存在感は大きく、暖かさと悲しみを同時に体現している稀な役者。ヤリッツァ・アバリシオがいなければこの作品は成立しないだろう。

2 January 2019

The House That Jack Built / ザ・ハウス・ザット・ジャック・ビルト

by Lars von Trier 2018 Denmark

ラース・フォン・トリアーの新作「ザ・ハウス・ザット・ジャック・ビルト」、70〜80年代アメリカのシリアルキラー、ジャックの話である。2011年カンヌ映画祭で自身をナチスに例えたジョークで大きく批判されたラース・フォン・トリアー、この作品は以来初めてのカンヌでのカムバック作品であるが、上映では多くの観客があまりの過激さに劇場から立ち去ったと言われている。まあラース・フォン・トリアーなので過激だとは承知していたが、あまりにも酷いシーンに何度となく目を覆ってしまった。マット・ディロン演ずるジャックが次々と殺していく殺人を箇条的に描いている。ジャックというシリアルキラーの人間像の描き方は惚れ惚れする程に上手くできている。又話のプロットも上手い。が上記にも書いたように惨たらしいショッキングなシーンが多いが、その中にダークヒューモアも感じられると、摩訶不思議な作品である。狂気のシリアルキラージャックをマット・ディロンが演じたことによりこの相反するギャップ感がいい具合となっている。例えば ハンニバル・レクターのアンソニー・ホプキンスなんかがこの役を演じてしまうと狂気だけで終わってしまう。マット・ディロンはどことなくヒッチコックの「サイコ」のアンソニー・パーキンス的要素が感じられる。とにかく、とんでもなく凄い映画をラース・フォン・トリアー作ったものだ。

17 December 2018

Simon Boccanegra / シモン・ボッカネグラ

@ Royal Opera House
作曲 : Giuseppe Verdi
指揮 : Henrik Nanasi
演出 : Elijah Moshinsky

14世紀半ばのイタリア・ジェノバ。ジェノバ総督であるシモン・ボッカネグラ、そして許されぬ恋の相手マリアとの間に生まれたが、それ以降行方が分からなくなっていた娘アメリーア、この父と娘を巡るベルディのダークオペラ。バリトンとバスが歌手陣を占める。久々にみるトラディショナル色の強い正統派な舞台演出だったので、逆にどことなく新鮮な感じ。初日だったからかもしれないが、出だしはイマイチ乗り切らないスロー感があったが、シモン・ボッカネグラを歌ったバリトンのCarlos Alvarezが出てきてから全体に勢いが良くなる。どうも馴染めなかったのがシモンの宿敵フィエスコを歌ったFerruccio Furlanetto、またアメーリアのHrachuhi Bassenz、パオロ ・アルビアーニのMark Ruckerもイマイチ輝きが感じられず、歌手陣は地味なもであった。

10 December 2018

The Jazz Ambassadors / ジャズ・アンバサダーズ

by Hugo Berkeley 2018 US/UK

1959年米国務省がアメリカのイメージ向上を図り計画したジャズ・アンバサダーズ。このジャズ・アンバサダーズを題材としたドキュメンタリー。時は冷戦下、アメリカ国内は公民権運動に揺れ動き社会は大きな転換期を迎える。人種差別そしてその社会的葛藤をソ連はプロパガンダに大々的に利用、世界的にアメリカのデモクラシーとは裏腹のイメージが蔓延する。NYハーレム出身の黒人上院議員アダム・クレイトンJrはアジアやアフリカの独立を目指す国々への支援を政府に提唱し、また国務省に逆らって自らの意志で1955年アジア・アフリカ会議にオブザーバーとして参加、グローバルにおけるアメリカの存在と多民族支持のイメージを高める事に成功、帰国後アダム・クレイトンJrはその功績に賞賛を得る。1956年アダム・クレイトンJrは国務省に偉大なるジャズミュージシャン達を文化交流大使として世界ツアーを行うことを提案。第一号としてディジー・ガレスピーを筆頭とするバンドの中東ツアーを敢行。その後ルイ・アームストロング、ベニー・グッドマン、デイヴ・ブルーベック、デューク・エリントンと続いていく。このドキュメンタリーでは貴重な映像アーカイブ、そしてインタビューを通して、アメリカをアピールする姿とホームタウンで続く公民権運動の苦しみの間にいるミュージシャン達の葛藤を追求している。このドミュメンタリーの見所は、ミュージシャン達のアーカイブ映像。ルイ・アームストロングがアフリカ各国をツアーしていたなんて全く知らなかったし、またどこも国をあげて大歓迎する映像はそれはある種感動的なものであった。

3 December 2018

OSS 117: Le Caire, nid d'espions / OSS 117 私を愛したカフェオーレ

by Michael Hazanavicius 2006 France

2012年アカデミー賞受賞作品「アーティスト」の監督ミシェル・アザナウィシウスのデビュー作、スパイ・コメディー映画。舞台は1955年カイロ、スエズ運河を巡って各国のスパイの巣窟となっている。OSSのスパイ、ユベール・ボニスール、通称OSS 117(ジャン・デュジャルダン)はカイロで消息を絶った親友であり同僚のジャックの捜査に潜入。しかしながらユベールはイスラム教には全くの無知、人種差別、放漫と典型的なポストコロニアル。ジャックの秘書ラルミナ(ベレニス・ベジョ)、女スパイのプリンセス(オーレ・アティッカ)と共に陰謀を暴いていく。とはいえこれはドタバタコメディー。007「ドクター・ノオ」をパロって美術や衣装やセットはとてもいいが、肝心のコメディーの部分がどうもイマイチいけてない。これを見たのがフランス・インスティチュートで多分フランス人と思われる人たちは笑っていたが、笑いのツボが違うのかどうも可笑しくない。フランスでも興行成績はよかったとか。笑いを除けばほぼよかったのに残念。OSS117を演じたジャン・デュジャルダンは間がいいというか、芸達者。「アーティスト」でも印象深かったが、実際にセリフがある役を見ると実にいい役者だ。

1 December 2018

An Inn at Osaka / 大阪の宿

by Heinosuke Gosho 1954 Japan

五所平之助の「大阪の宿」、初めて見る監督である。東京から大阪に左遷された三田(佐野周二)、安下宿を住処とする。この下宿で知り合う女中達、そして街にすむ芸者や人々を通して三田の生き方が変わっていく。この作品はあくまでも普通の人が普通に人生を選択し生きていく姿を描いている。そこにはドラマティックという表現は全くなく、画面に映し出された人々の人生に抵抗しないで生きる姿。女中のおりか(水戸光子)、おつぎ(川崎弘子)、芸者のうわばみ(乙羽信子)皆与えられた境遇の中で生きる。置かれた境遇は決していいものではないが人情で繋がって生きている姿がある。現代社会が失ったお隣近所との繋がり、人情を忘れてない世界がそこにはある。ある一種のリアリズム的な作品。また撮影された50年代前半の大阪の庶民の街が見られる。大阪城から眺める大阪の街は空き地が至る所にありまた空が大部分を占めている。今では高層ビルだらけのコンクリートの街だ。なんかこう、今まで見たことのないタイプの作品であった。

29 November 2018

Gion Bayashi / 祇園囃子

by Kenji Mizoguchi 1953

戦後の京都祇園、世代が違い考え方も違う姉と妹の姉弟関係にある芸妓と舞妓、この二人を描いた溝口健二の作品である。

舞妓を志願する栄子(若尾文子)を引き取る芸妓の美代春(小暮実千代)。一年後美代春は修行を終えた栄子を見世出しするが、それにあたりお茶屋の女将から多額の借金を借り入れる。これが後、栄子と美代春の将来に大きく影を落としていく。

若い栄子は人権を語り物事をはっきり述べる現代っ子、一方どんな時にでも人情だけは失わない古風な美代春。美代春も実は意志の強い女性だが自らの意志に反してでも栄子を守ろうとする。

この美代春を演じる小暮実千代が悩ましく妖麗で素晴らしい。実際に彼女は「ヴァンプ女優」と名を馳せていたそうだ。彼女の立ち居振る舞いの美しさに釘付けになってしまった。「ヴァンプ女優」というとすぐにリタ・ヘイワースが思い出されるが、小暮実千代にしろリタ・ヘイワースしろ白黒の画像では美しさがとても際立つ女優だ。またさすが溝口健二、若尾文子と小暮実千代を演じるこの二人の女性、そして祇園の町を情緒深く描いている。それにしても祇園に通う大会社の専務そしてそのクライアントと二人の男性が出て来るのだが、この二人の女性の扱いがあまりにも横柄で、なんだこの男は!と思った次第だ。今の#me too時代では考えられない男性像だ。