10 October 2017

Wallay / ウァラー

by Berni Goldblat 2017 France, Burkina Faso, Catar

西アフリカはブルキナファソ在住ドキュメンタリー監督Berni Goldblatの初めての劇映画「Wallay」。

母を亡くした13歳のアディは父親とフランスのリオンで生活している。父親からお金を盗んだりと日増しに荒れるアディにしびれを切らした父親は出身地である西アフリアのブルキナファソにあるWallayという村に息子をホリデーと偽って送り込む。先進国の都会で育ったアディ、村で家族に迎えられるが生活には馴染めず、父親代わりの保守的な叔父との葛藤、祖母との出会いを経て自己アイデンティティーを形成して行く。

ドキュメンタリー的に撮られたこの作品、先進国の典型的な身勝手で自己中心的なティーンエイジャーが全く違う環境で思い通りにならない状況に置かれ追い詰められながら成長して行くアディ(Makan Nathan Diarra)、アディのメンターとなる従兄弟のジャン(Ibrahim Koma)、そして無条件の愛を注ぐ祖母(Josephine Kabore)、叔父のアマデュ(Hamadoun Kassogue)の素晴らしい演技でストーリーにグイグイと引き込まれて行く。上映後監督の質疑があったのだが、アディを演じたMakan Nathan Diarraはこれが初めての映画だったそうだ。パリでアディ役のキャスティングを百人近く行なったそうだが、偶然道でMakan を見かけ、この子こそアディだと思いそのままスカウトし器用したそうだ。各国の映画祭でMakanは同年代の女の子から絶大な人気を得ているという。その他のキャストは西アフリカでは有名な俳優である。

丁度1ヶ月前ガーナとブルキナファソの国境沿いに行っていたのだが、この映画のロケ地は私がいた地からさほど遠くなかった。この作品にも現地の人々の文化、伝統、そして彼ら特有のみなぎる生の強さが滲み出ていた。ブルキナファソはアフリカでも唯一の映画国、2年毎に行われる映画祭には是非行ってみたいものだ。

7 October 2017

Sheikh Jackson / シャイフ・ジャクソン

by Amr Salama 2017 Egipt

エジプトの監督アムル・サルマの新作「Sheikh Jackson」。マイケル・ジャクソンの死によって自己認識の危機に陥り聖職者である事の矛盾に耐えられなくなる若いイスラム教指導者(Ahmad Alfishawy) を描く。

幼少期に母を亡くし、マッチョでぶっきらぼうな父親(Maged EL Kedwany) に育てられたこの指導者。父は愛人をつくりボディービルに専念、一方思春期の指導者(Ahmed Malek)はマイケルジャクソンにハマり、同じくマイケル・ジャクソンにハマっている同級生の女の子に取り入る為ムーンウォークを覚えマイケルジャクソンとそっくりなヘアースタイルをし服装を真似するのであった。それから15年後若くしてイスラム教指導者なったがマイケル・ジャクソンの死をきっかけに人生を振り返り本当の自分を見つける新たな一歩を踏み出す。

2009年当時そして現在、西洋化したエジプト社会そして保守的な側面を垣間見ることができる非常に興味深い映画であった。ラディカルなイスラム聖職者と彼らに悪と見なされるポップスターが結びついたユニークな内容。またこの若いイスラム教指導者の自己の旅は、聖職者という括りだけでなく誰もが共感できるものである。

上映の後に監督の質疑があったのだが、出演俳優は皆エジプトでは有名俳優だそうだ。確かに、皆印象深い演技だった。またマイケル・ジャクソンの楽曲使用許可を打診したそうだが頑なに断られたという。監督は編集時にこれは指導者の内面の話なので逆にマイケル・ジャクソンの楽曲は必要ないと悟ったそうだ。確かにマイケル・ジャクソンの曲が途中で流れると話の軸がそれてしまいそうだ。

イスラム教という世界が舞台でありながらも誰にでも共通する主旨なので万国共通して受け入れられ楽しめる作品だと思う。

30 August 2017

Mimosas / ミモザ

by Oliver Laxe 2016 Morocco

2016年カンヌの批評家週間グランプリ受賞作品。異なる2つの世界が、イスラム教礼拝単位ラカートの位置をタイトルとした3部構成で描かれている。

モロッコのローカルタクシー会社でメカニックとして働くシャキブ、長老の旅を任されアトラス山脈へとタクシーを走らす。もう一つの世界は時代が下ったアトラス山脈。年老いた長老シェイクは終の住処シジルマサへ急ぐ為、決死のアトラス山脈越えを率いるキャラバンに要求るすが途中死んでしまう。このキャラバンに紛れ込んでいた悪漢アーメッドとサイードは長老シェイクの死体をシジルマサに運ぶ事を報酬と引き換えに約束し、残りのキャラバンは引き返して行く。何処からともなく現れたシャキブはこの2人の旅に加わる。

この作品の見所はロケーションの凄さ。雄大なアトラス山脈と果てしなく続く土砂漠の映像があるからこそ、シンプルで幻覚的な話しが生きてくる。話しは映像を主体にゆっくりと語られる。土砂漠とアトラス山脈の世界は静寂に包まれ、時たま聞こえるのは最低限の会話、たき火の音、ほぞぼそと聞こえる歌声、川の流れ、馬の蹄の響きにライフル音だけだ。

深い渓谷の岩肌に沿った細道をキャラバンが下りるシーンがあるのだが、こんなところに細道を作る人間の凄さに驚嘆してしまった。十数年前にアトラス山脈を車で越えた事があるのだが、その美しさとスケールに圧巻されたが、あまりの険しさに今までドライブした中で一番怖い思いをしたルートでもあった。昔はこの山脈を実際に歩いて越えていたとは、人間のサバイバル精神とは凄いものだ。

監督のオリヴェル・ラセを調べてみると、スペイン・ガリシア移民の両親を持つフランス生まれ。2010年にモロッコのタンジェの社会的に差別されている子供達の生活を描いたドキュメンタリー「You All Are Captains」で国際映画批評家連盟FIPRESCI を受賞していた。

24 August 2017

An Inconvenient Sequel : Truth to Power / 不都合な事実2:放置された地球

by Bonni Cohen, Jon Shenk 2017 USA

2006年に公開された「不都合な真実」の続編。元米国副大統領アル・ゴアがプロデューサー、出演した前編では、当時既に後には一歩も引けない状態となった温暖化についてデーターと実例を交えながら警告的に語ったドキュメンタリーであった。このドキュメンタリーは大きな反響を呼び、反対派はでっち上げのデーターと多くの反論も出た。あれから約10年、現在温暖化の影響は全世界で顕著に現れ、トランプ政権を除いては各国が認める人類が危機に瀕する事態となっている。この続編では、過去10年での経緯、そして全世界の合意を取り付けたパリ協定までの道のりを描いている。

前半は、主にアル・ゴア自身について多く語られ、後半はパリ協定での攻防を描いている。アル・ゴアの生い立ち、長年環境問題に取り組んで来た政治活動、彼が全世界で主催する温暖化ワークショップにフォーカスしと、もしかしたら2020年の米大統領選に出るのかと思ってしまう程。アル・ゴアはインフォーメーション・スーパーハイウェイ構想など先見の明に優れており好きな政治家なので大歓迎だが、次期大統領選は若手の活躍を期待したい処もある。後半のパリ協定では、反対声明を出すインドのコンセンサスを取り付けるために奔放する各国代表団とアル・ゴア、そして画期的な合意の瞬間を描いている。

ドキュメンタリーとしては、前回とは全く比べ物にならないインパクトが薄い内容だったが、温暖化への取り組みへの行方を理解するには見て正解な作品であった。この日の上映前に、ツイッターを用いてイギリスとアイルランド全土からの質問に対するアル・ゴア氏との質疑がロンドンからサテライト中継を通じて行なわれた。この質疑には全く関係ないが、テネシー州出身のアル・ゴア氏のスーツにカウボーイ・ブーツという出で立ちに生粋の政治家という印象を受けた。

3 August 2017

Luci del Varieta / Variety Lights / 寄席の脚光

by Federico Fellini & Alberto Lattuada 1951 Italy

この作品、イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニのデビュー作とも言われているが、アルベルト・ラッツアーダとの共同監督である。3年後1954年に製作された「ラ・ストラーダ / 道」への序曲のようであり、「道」に通じるものがある。

中年男の劇団長ダル・モンテ(ペッピノ・デ・フィリッポ)率いる劇団はイタリア各地をドサ回り。ダル・モンテと劇団の顔である女優メリーナ(ジュリエッタ・マシーナ)は恋仲。若くて美人な野心家リリアーナ(カルラ・デル・ポッジョ)が新しく劇団に加わり観客の人気の的に、そしてダル・モンテも彼女との恋に陥るが・・・。

とてもシンプルなラブコメディー。戦後直後のイタリアの良さがフェリーニのマジックを通して画面全体に写されている。ジュリエッタ・マシーナはフェリーニの看板女優であり、実生活でも夫婦である。なんといってもスクリーン上での彼女の存在感は絶大。いかなるシーンでも、いかなる役でも、彼女が写ると画面がパッとし、なにかしら純粋なものを感じてしまう。彼女の魅力が一番引出されているのはやはり「道」である。

十~二十代でイタリアン・ネオリアリズモにはまり、フェリーニが大好きになり作品全てを見まくっていた。今見てもいい作品はいい作品のまま、永遠不滅なのである。

1 August 2017

Dunkirk / ダンケルク

by Christopher Nolan, UK 2017

1940年5月25日から6月4日にフランスのダンケルクで起った英仏撤退作戦が舞台。ナチス・ドイツは北フランスまで侵攻、仏・英軍をドーバー海峡まで追い詰めた。チャーチルは英仏35万人の兵士をダンケルクから救出する事を決め、英海空軍だけではなく一般の人々も参加し、商業船舶、ヨットや漁船までがドーバー海峡を渡って兵士の救出作業にあたった。

この作品では英空軍パイロット、若い陸軍の兵士達、ヨットで救出に向かう一般人の3つの視点から描かれている。台詞は殆どなく現実に起っている事が叙述的に映像を通して語られている。さすがクリストファー・ノーラン、「メメント」や「インセプション」でも見られたが、この手の描き方はとても上手い。

ほぼ99%戦闘シーンというこの映画の中でケネス・ブラナー演ずるボルトン司令官の不安、焦り、責任、希望と入り乱れる表情が印象的であった。実際に兵士の殆どは20歳にも満たない若者だったという。キャスティングでも多くの若者が起用されていた。ポップグループで絶大な人気を得ていたワン・ダイレクションのリードシンガー、ハリー・スタイルズの映画初出演という事も話題になっていたが、演技はなかなかであった。

それにしても「プライベート・ライアン」辺りから映像・音響効果が画然と進歩し、戦闘シーンは臨場感溢れ、まるで戦場にいるかの様に感じられるが、これを長々見続けるととても疲れてしまう。映画が始まる前の宣伝の一つに実際の第二次世界大戦中の戦闘(場所は忘れてしまった)をクリエイトした銃撃ゲームがあった。なにかしらモラルに反するものを感じたのは私だけだろうか。

27 July 2017

Goodbye Aleppo / グッバイ・アレッポ

by Christine Garabedian, 
   Mahmoud Ali Hamad 
     2017 UK

シリア・アレッポに在住する4人の一般人ジャーナリストによるドキュメンタリー。20代前半の若いジャーナリストMojahed、Basim、Ahmad、Sirajの4人は、モバイル電話ビデオとサテライト・インターネットを使い、2016年12月西アレッポの一般市民総撤退までの西アレッポの状況と彼らの生活をドキュメントした。


映像から見るアレッポは想像以上に荒れ果てがれきの山。既に民間防衛団のホワイト・ヘルメットもいないこの街でまだ市民は暮らし続けている。映像の背後には途切れなく爆発音や銃声が響く。道では子供達が遊んでいる姿も見られるが、話しを聞くと「外は怖いけど家の中は退屈」と話す。またある少女は「昨晩隣に塩素爆弾が落ちて、息をしようと思ったけど、息が出来なかった、怖かった」と話す。今欲しいものはなに?との質問に「かわいいリンゴ」と無邪気に蔓延の笑みを浮かべて答える。ジャーナリストの一人Basimは自分は独身だから自由に動けるからこれが独身の楽さとジョーダンを交えて話す。爆弾音が響く中、香草をふりかけたパンをかじりながら「美味しいんだ、けど爆弾音でビックリしてたまに喉につっかえる」とふざけて言う。またジャーナリストの一人は別れ別れになった妻となんとかネットでチャットしようとしている。彼らのオフィスの地域の戦闘が激しくなって来た時、地下に移動しようと他のメンバーに切実に訴えながらかぶったヘルメットのベルトがうまくハマらず何度もヘルメットのベルトをつけ直す姿。彼らの映像は切迫しあまりにもリアルだが、その状況の中での人間の生活を写し出している。12月末、西アレッポは政府軍に占領され市民は撤退命令を受け、一緒に撤退するこの4人。生まれ育った自宅の前で「グッバイ・アレッポ」という姿がとても印象的であった。
彼らが十代中頃で始まったこの内戦、たった6年後、現在20代前半になった彼らのあまりにもの成熟ぶりに過酷な状況で育つという事の現実を見せつけられた。全く手を打つ事ができないこのシリアの状況はあまりにも心苦しい。

27 June 2017

Mitridate, re di Ponto / ポントの王ミトリダーテ

@ Royal Opera House
作曲 : Wolfgang Amadeus Mozart
指揮 : Christophe Rousset
演出 : Graham Vick

モーツァルトが14歳の時に初めて作曲したオペラ・セリア。Graham Vickが26年前に演出したこの舞台は18世紀のオペラの光景そしてモーツァルトのファッションへの興味を具現化し、演技もマリオネットのようでとてもコミカル。ティム・バートンの世界の様な、まるでおもちゃ箱の中での出来事のような印象だ。 イズメーネを歌ったルーシー・クロウは演技も歌もよく、圧倒的に観客を魅了していた。また息子達に裏切られまた嫉妬に狂う王ミトリダーテを歌ったマイケル・スパイレスもなかなか。本来ならミトリダーテの息子シファーレとファルナーチェはカストラート。映画「カストラート Farinelli」でその声を再現していたが本物を聞いてみたかったものだ。あまり期待しないで見に行ったこのプロダクションだったが多いに楽しませてもらった。

26 June 2017

Kuroneko / 藪の中の黒猫

by Kaneto Shindo 1968

戦乱が続き武士が台頭し始める平安時代中期。薮の中に住居を構える義母よね(乙羽信子)と嫁しげ(太地喜和子)は落武者達に襲われ強姦され家に放った火と共に焼け死んだ。恨みをはらすために黒猫妖怪化となったこの義母と嫁、夜な夜な侍を誘い出し殺害していく。農作業中に戦に連れていかれ蝦夷の戦で出世した薮ノ銀時(二代目中村吉右衛門)はこの妖怪退治を命じられるが・・・。


白黒映像、平安時代、侍、薮、平安時代の女性、黒猫、そして極めつけなのが素晴らしいカメラワークと、これらの要素によってこの作品には奇妙なエロティシズムが漂っている。薮ノ銀時としげの交わるシーンはとても美しい。またよねが舞う能も官能的だ。この「藪の中の黒猫」は新藤兼人の前作「鬼婆」の商業的成功に続いて製作されたそうだ。「鬼婆」は見ていないので見たい映画リストに早速加えた次第だ。

22 June 2017

Othello / オッテロ

@ Royal Opera House
作曲 :  Giuseppe Verdi
指揮 : Antonio Pappano
演出 : Keith Warner

今シーズン一番のホット・チケット新プロダクションのオテロ、ヨナス・カウフマンのロールデビューという事で全世界からファンが押し寄せチケットの争奪戦は凄い事になっていた。ROHのフレンド+のメンバーシップなので一般販売より先行してチケットが購入出来るのだが、発売日サイトはフリーズして動かない状態が何度か続き最終的にとれた席は最上階のほぼ最終列という状態であった。

カウフマンのオッテロははまり役。嫉妬に狂って無実の妻デズデモーナを殺害するヴェネツィアの将軍。歌は申し分なかったが、多少ベタすぎる狂い様に、個人的にはもう少し静の演技が欲しかった感がある。マリア・アグレスタのデズデモーナは清らかながら運命に怯える悲しい女性を歌い上げていた。マルコ・ヴラトーニャのイアーゴも文句なし。歌手陣はよかったのだが、全体的にシンプルすぎる舞台セットが安っぽく感じられたのがネガティブ要素。カウフマンのロールデビューだからそれに見合った演出が欲しかった。

20 June 2017

L'elisir D'amore / 愛の妙薬

@ Royal Opera House
作曲 : Gaetano Donizetti
指揮 : Bertrand De Billy
演出 : Laurent Pelly

歌手陣の歌と演技そして演出が上手くマッチし、最高のコミック・オペラに仕上がっていた。美人でプライドが高い富農の娘アディーナはアレクサンドラ・クルザク、アディーナに恋する単純な貧農ネモリーノはロベルト・アラーニャ、この2人の息がピッタリと、さすがの実夫婦のコンビ。ベルコーレ軍曹にAdam Plachetka、インチキ医師にALe Espositoとそれぞれ役にあったキャスティングで歌というよりも演出の方に印象が強く残った。アラーニャの調子はあまりよくなく、またクルザクも風邪で声がでないがパフォーマンスを続行すると休憩時間にアナウンスが入ったが、アラーニャの「Una furtiva lagrima」にも酔いしれ、もう一度見たいと思った舞台であった。この今シーズンの愛の妙薬で、ROH初登場のプリティ・イェンデもアディーナを歌ったのだが、これは各評論で高い評価を得ていた。こちらの方も是非見たかった。

29 May 2017

The Handmaiden / お嬢さま

by Park Chan-wook 2016 Korea

映画館での予告を見ただけであまり内容を調べずに見に行ったこの「お嬢様」、「オールド・ボーイ」のパク・チャヌクが監督なので過激になるのは予測していたが、それを大きく越え度肝を抜く作品であった。

1930年日本の統治下にある韓国、莫大な財産の相続権を持つ令嬢、秀子(キム・ミニ)から財産をだまし取ろうとする詐欺師の藤原伯爵(ハ・ジョンウ)、そしてその計画に加わり秀子のお付きとなるスッキ(キム・テリ)。計画は上手く運ぶ様にみえるが‥。

原作イギリスのミステリー作家サラ・ウオーターの「荊の城」を日本の統治下にある韓国に置き換えた。奇想天外なひねりが多く盛り込まれぐんぐんストーリーに引き込まれて行く。また大胆で過激なベッドシーンを強調した演出により、緊迫感が生まれ話しにより現実味を与えていた。

大胆なベッドシーンを盛り込む事によって成功した作品で浮かぶのは、2013年パルムドールを受賞したアブデラティフ・ケシシュ監督の「アデル、ブルーは熱い色」。主人公2人の若さそして純粋さが強調された。ベネチアで金獅子賞を受賞したアン・リー監督の「ラスト・コーション」では切迫した人間の精神状態が表された。過激とは行かないが当時スキャンダルになったのは、ベルトルッチ監督の「ラスト・タンゴ・イン・パリス」やリリアーナ・カヴァーニ監督の「愛の嵐」。この2つは時代のアイコンと化し、現在の流れとは多少異なる甘美なもの。日本でも神代辰巳監督は日活ポルノ時代に「赫い髪の女」や「四畳半襖の裏張り」など数々の秀作を出している。性描写を多く用いる事により、作品がチープになるか昇華されるかが作品の運命の分かれ目なのだろう。

9 May 2017

The Exterminating Angel / 皆殺しの天使

@ Royal Opera House
作曲 : Thomas Ades
歌詞、監督 : Tom Cairns
指揮 : Thomas Ades

ルイス・ブニュエルの映画「皆殺しの天使」のオペラ化。トーマス・アデスが作曲し昨年のザルツブルグ音楽祭で初演、なかなかいい批評を多く得ているこの舞台、興味をそそられチケットを予約していた。あまり現代オペラは好きではないが、これは全体の音楽もまとまり、もともとの映画のストーリーも忠実に再現し、舞台、演出もよく、非常に満足いくものであった。 歌手陣はベテラン揃いでアンサンブルがよく、とにかく超高音で歌いまくったAudrey LunaとAmanda Echalazは観衆から笑いを引き起こしていた。
初めからあまり期待していない時にいいものにめぐり逢えると、満足度は大きく増長すると思えた舞台であった。