27 June 2017

Mitridate, re di Ponto / ポントの王ミトリダーテ

@ Royal Opera House
作曲 : Wolfgang Amadeus Mozart
指揮 : Christophe Rousset
演出 : Graham Vick

モーツァルトが14歳の時に初めて作曲したオペラ・セリア。Graham Vickが26年前に演出したこの舞台は18世紀のオペラの光景そしてモーツァルトのファッションへの興味を具現化し、演技もマリオネットのようでとてもコミカル。ティム・バートンの世界の様な、まるでおもちゃ箱の中での出来事のような印象だ。 イズメーネを歌ったルーシー・クロウは演技も歌もよく、圧倒的に観客を魅了していた。また息子達に裏切られまた嫉妬に狂う王ミトリダーテを歌ったマイケル・スパイレスもなかなか。本来ならミトリダーテの息子シファーレとファルナーチェはカストラート。映画「カストラート Farinelli」でその声を再現していたが本物を聞いてみたかったものだ。あまり期待しないで見に行ったこのプロダクションだったが多いに楽しませてもらった。

26 June 2017

Kuroneko / 藪の中の黒猫

by Kaneto Shindo 1968

戦乱が続き武士が台頭し始める平安時代中期。薮の中に住居を構える義母よね(乙羽信子)と嫁しげ(太地喜和子)は落武者達に襲われ強姦され家に放った火と共に焼け死んだ。恨みをはらすために黒猫妖怪化となったこの義母と嫁、夜な夜な侍を誘い出し殺害していく。農作業中に戦に連れていかれ蝦夷の戦で出世した薮ノ銀時(二代目中村吉右衛門)はこの妖怪退治を命じられるが・・・。


白黒映像、平安時代、侍、薮、平安時代の女性、黒猫、そして極めつけなのが素晴らしいカメラワークと、これらの要素によってこの作品には奇妙なエロティシズムが漂っている。薮ノ銀時としげの交わるシーンはとても美しい。またよねが舞う能も官能的だ。この「藪の中の黒猫」は新藤兼人の前作「鬼婆」の商業的成功に続いて製作されたそうだ。「鬼婆」は見ていないので見たい映画リストに早速加えた次第だ。

22 June 2017

Othello / オッテロ

@ Royal Opera House
作曲 :  Giuseppe Verdi
指揮 : Antonio Pappano
演出 : Keith Warner

今シーズン一番のホット・チケット新プロダクションのオテロ、ヨナス・カウフマンのロールデビューという事で全世界からファンが押し寄せチケットの争奪戦は凄い事になっていた。ROHのフレンド+のメンバーシップなので一般販売より先行してチケットが購入出来るのだが、発売日サイトはフリーズして動かない状態が何度か続き最終的にとれた席は最上階のほぼ最終列という状態であった。

カウフマンのオッテロははまり役。嫉妬に狂って無実の妻デズデモーナを殺害するヴェネツィアの将軍。歌は申し分なかったが、多少ベタすぎる狂い様に、個人的にはもう少し静の演技が欲しかった感がある。マリア・アグレスタのデズデモーナは清らかながら運命に怯える悲しい女性を歌い上げていた。マルコ・ヴラトーニャのイアーゴも文句なし。歌手陣はよかったのだが、全体的にシンプルすぎる舞台セットが安っぽく感じられたのがネガティブ要素。カウフマンのロールデビューだからそれに見合った演出が欲しかった。

20 June 2017

L'elisir D'amore / 愛の妙薬

@ Royal Opera House
作曲 : Gaetano Donizetti
指揮 : Bertrand De Billy
演出 : Laurent Pelly

歌手陣の歌と演技そして演出が上手くマッチし、最高のコミック・オペラに仕上がっていた。美人でプライドが高い富農の娘アディーナはアレクサンドラ・クルザク、アディーナに恋する単純な貧農ネモリーノはロベルト・アラーニャ、この2人の息がピッタリと、さすがの実夫婦のコンビ。ベルコーレ軍曹にAdam Plachetka、インチキ医師にALe Espositoとそれぞれ役にあったキャスティングで歌というよりも演出の方に印象が強く残った。アラーニャの調子はあまりよくなく、またクルザクも風邪で声がでないがパフォーマンスを続行すると休憩時間にアナウンスが入ったが、アラーニャの「Una furtiva lagrima」にも酔いしれ、もう一度見たいと思った舞台であった。この今シーズンの愛の妙薬で、ROH初登場のプリティ・イェンデもアディーナを歌ったのだが、これは各評論で高い評価を得ていた。こちらの方も是非見たかった。

29 May 2017

The Handmaiden / お嬢さま

by Park Chan-wook 2016 Korea

映画館での予告を見ただけであまり内容を調べずに見に行ったこの「お嬢様」、「オールド・ボーイ」のパク・チャヌクが監督なので過激になるのは予測していたが、それを大きく越え度肝を抜く作品であった。

1930年日本の統治下にある韓国、莫大な財産の相続権を持つ令嬢、秀子(キム・ミニ)から財産をだまし取ろうとする詐欺師の藤原伯爵(ハ・ジョンウ)、そしてその計画に加わり秀子のお付きとなるスッキ(キム・テリ)。計画は上手く運ぶ様にみえるが‥。

原作イギリスのミステリー作家サラ・ウオーターの「荊の城」を日本の統治下にある韓国に置き換えた。奇想天外なひねりが多く盛り込まれぐんぐんストーリーに引き込まれて行く。また大胆で過激なベッドシーンを強調した演出により、緊迫感が生まれ話しにより現実味を与えていた。

大胆なベッドシーンを盛り込む事によって成功した作品で浮かぶのは、2013年パルムドールを受賞したアブデラティフ・ケシシュ監督の「アデル、ブルーは熱い色」。主人公2人の若さそして純粋さが強調された。ベネチアで金獅子賞を受賞したアン・リー監督の「ラスト・コーション」では切迫した人間の精神状態が表された。過激とは行かないが当時スキャンダルになったのは、ベルトルッチ監督の「ラスト・タンゴ・イン・パリス」やリリアーナ・カヴァーニ監督の「愛の嵐」。この2つは時代のアイコンと化し、現在の流れとは多少異なる甘美なもの。日本でも神代辰巳監督は日活ポルノ時代に「赫い髪の女」や「四畳半襖の裏張り」など数々の秀作を出している。性描写を多く用いる事により、作品がチープになるか昇華されるかが作品の運命の分かれ目なのだろう。

9 May 2017

The Exterminating Angel / 皆殺しの天使

@ Royal Opera House
作曲 : Thomas Ades
歌詞、監督 : Tom Cairns
指揮 : Thomas Ades

ルイス・ブニュエルの映画「皆殺しの天使」のオペラ化。トーマス・アデスが作曲し昨年のザルツブルグ音楽祭で初演、なかなかいい批評を多く得ているこの舞台、興味をそそられチケットを予約していた。あまり現代オペラは好きではないが、これは全体の音楽もまとまり、もともとの映画のストーリーも忠実に再現し、舞台、演出もよく、非常に満足いくものであった。 歌手陣はベテラン揃いでアンサンブルがよく、とにかく超高音で歌いまくったAudrey LunaとAmanda Echalazは観衆から笑いを引き起こしていた。
初めからあまり期待していない時にいいものにめぐり逢えると、満足度は大きく増長すると思えた舞台であった。

5 May 2017

El Angel Exterminador / The Exterminating Angel / 皆殺しの天使

by Luis Bunuel 1962 Mexico

シュールレアリズムを代表する作品の一つ、ルイス・ブニュエルの「皆殺しの天使」。ルイス・ブニュエルといえば「アンダルシアの犬」や「昼顔」「欲望のあいまいな対象」「ブルジョワージの密かな愉しみ」など衝撃的で、難解、スキャンダラスな内容と、私の映画探究心を多いにそそる監督の一人。

ブルジョワ階級のルシアとエドムンドは12人の友人を彼らの豪邸でのディナーパーティーに招く。ゲストが次々に到着すると同時に豪邸で働くメイドやコックなどが辞職し執事一人が残される。ゲストが一夜を楽しんだ翌朝、だれもが部屋から一歩も出れない事に気付き始める。

この「皆殺しの天使」は彼の作品の中でも説明し難い作品と言われているが、逆にとても解釈しやすい作品に思う。フランコ・ファシズム政権とブルジョワ階級への批判、そして飾られた人間の中に潜む本性を扱っている。とはいいつついきなり熊が出て来たり、羊が出て来たりとブニュエルの良さもちりばめられている。

この作品を見た数日後ローヤル・オペラでオペラ化された「The Exterminating Angel」を見たのだが映画もオペラもとても楽しめた作品であった。

3 May 2017

La Ciociara / Two Women / ふたりの女

by Vittorio De Sica 1960 Italy

長年見逃していた作品をようやく見る事が出来た。期待していた通りのもの。監督ビットリオ・デ・シーカ、製作カルロ・ポンティ、主演女優ソフィア・ローレンとイタリア映画黄金期の3人がそろった作品。原作はアルベルト・モラビアの小説。

第二次世界大戦中、ローマから田舎に疎開してきた母チェジーラ(ソフィア・ローレン)と娘ロゼッタ(エレオノラ・ブラウン)。疎開先で知り合い親しくなったミケーレ(ジャン・ポール・ベルモント)はドイツ軍の道案内として連れ去られ、一方チェジーラとロゼッタはローマに戻る途中休憩していた教会で連合軍側のモロッコ兵に強姦される。そしてその後ミケーレが殺された事を知る。

実年齢26歳のソフィア・ローレンが演じる気の強いイタリア女で母親の姿が素晴らしく感動的。この役でアカデミー最優秀女優賞そしてカンヌでも主演女優賞を受賞している。火の様なチェジーラとは反対に、反戦派でインテレクチュアルの青年ミケーを演じたレジャン・ポール・ベルモントも好演している。

ネオリアリズモからはじまり60年70年代とイタリア映画にはとにかく素晴らしい作品が多い。

22 March 2017

Die Meistersinger von Nurnberg / マイスターシンガー

@ Royal Opera House
作曲 : Richard Wagner
監督 : Kasper Holten
指揮 : Antonio Pappano

ローヤル・オペラ監督カスパー・ホルテン最後の演出となる「マイスターシンガー」、アール・デコを基調としたセットそして衣装は現代だったからかもしれないが、どことなくミュージカルの雰囲気も含んだ舞台であった。2幕の終わりはため息ものの演出であった。やはりパッパーノのオーケストラで序曲を聞けるのはいい。ハンス・ザックスのブリン・ターフェルは安定した声であった。

20 March 2017

Elle / エル

by Paul Verhoeven 2016 France

好きな女優イザベル・ユペールの「キャリアでベストな演技」と評価されている「エル」、今年一番期待していた作品であるが、予想通り裏切らずであった。監督はトータル・リコール、ロボコップ、氷の微笑など80〜90年代に数々のヒット作品を作ったポール・バーホーベン。ハリウッドと一線を画したのがよかったのだろう、オリジナルのあるアート映画に仕上がっていた。

複雑な過去を背負うミシェル(イザベル・ユペール)、自宅で覆面男に強姦されるが以前のトラウマから警察に通報しないでいるが、現在そして過去への断ち切りと共に自身の新しい展開を作り出す。この複雑な主人公ミシェルについては様々なメディアで彼女は結局暴力の被害者なのか、いや自立した女性なのかとその意味について多々取り上げられてるが、一筋縄ではいかないすごい精神力を伴った女性像というのが私の印象だ。

それにしてもイザベル・ユペールはこの手の主人公を演じるのが素晴らしく上手い。彼女を初めて好きになったミヒャエル・ハネケの「ピアニスト」では倒錯したピアノ教師を演じていた。

激しい描写を屈しなく描いたこの監督とその女性を素晴らしく演じたイザベル・ユペールがつくりだした最高なサイコドラマだ。

28 February 2017

Adriana Lecouvreur / アドリアーナ・ルクヴルール

@ Royal Opera House
作曲 : Francesco Cilea
監督 : David McVicar
指揮 : Daniel Oren

18世紀初期にコメディ・フランセーズで活躍した女優アドリエンヌ・ルクヴルールの実話を元に作られたこのオペラ、一人の男性を巡って嫉妬に狂う2人の女の話しである。実在したアドリエンヌ・ルクヴルールもザクセン伯モーリッツとも恋愛関係にあり、モーリッツを争ったブイヨン公爵夫人によって毒をもられたという噂がアドリエンヌの早過ぎる死をより彼女の人生をドラマ仕立てとし、オペラ化にもなった。

アドリエンヌ・ルクヴルールを歌ったアンジェラ・ゲオルギューはさすが演技も歌も素晴らしい。元々このプロダクションはゲオルギューを売り出す為にカウフマンをマウリツィオとしてマックビカーが2010年に製作したので、正に彼女の為の舞台である。この2010年の舞台も見ているのだが・・・あまり記憶にないがこの時初めてカウフマンを見たのは覚えている。マウリツィオを歌ったブライアン・ジャッジは初めて聞いたが、なんせ声量が凄い、初めはゲオルギューの声に覆い被さる程だったが次第に2人の調子が会う様になって来てからはとても楽しめた。ロイヤル・オペラ初のブイヨン公爵夫人を歌ったKsenia Dudnikovaもよく、ミッショーネのアレッサンドロ・コルベッリもよくと、キャストで楽しめたオペラであった。

26 February 2017

Il Trovatore / トロバトーレ

@ Royal Opera House
作曲: Giuseppe Verdi
指揮: Richard Farnes
演出: David Bosch
再演出: Julia Burbach

かれこれ数週間前に見たベルディのトロバトーレ、舞台自体はイマイチな感じであったがジプシーの老女アズチェーナを歌ったAnita Rachvelishviliが他の歌手より群を抜いてよかった。グルジア人32歳、2013年にカルメンでローヤルオペラのデビューを飾ったそうだ。本格的な国際デビューは2009/10年シーズンのスカラでダニエル・バレンボイム指揮ヨナス・カウフマンとアーウィン・シュロット共演のカルメン! 是非とも彼女のカルメンが見たくなった。

Youtubeでドミンゴの歌う「ああ、美しい人」を見つけたのだが、聞き惚れるものだ。そのコメントに、カウフマンはコマーシャル的に成功しているだけ、素晴らしいテノールがいない現状の中で生まれたPervert Ear  / 倒錯した耳だと辛辣なものを見つけた。カウフマンのを聞いてみたが、確かにそう思えて来た。

23 February 2017

Moonlight / ムーンライト

by Barry Jenkins 2016 USA

予算5百万ドルとハリウッドにしては低予算なこの作品だが、内容は濃いながらも詩的に描かれ映像も素晴らしいものであった。

アメリカ南部ゲットー出身ゲイの黒人少年が大人に成長していく姿をリトルと呼びつけられる少年、チロンと呼ばれる多感期の青年、黒人男性として見事に成長したブラックと名前は変化しているが一人の男性の人生を3段階で追っている。父親はおらず母親はクラック中毒、父親的存在として親しみを覚えた男性ホアンは母親にドラッグを売る売人と知り、学校ではいじめの的である。リトルの頃からいじめを受け、喧嘩を無理強いされた唯一心を開いた友人ケビンから暴行を受けるチロンは最終的に怒りが爆発、長年のいじめ相手を椅子でぶっ叩き警察行きとなる。長い間カラに籠っていたリトル/チロンが脱皮した瞬間である。その後肉体を鍛え強面でドラッグ売人となったブラックだが、久々にケビンに会う事により心の底にいる繊細なリトル/チロンが垣間見える、と状況はタフで過酷なのだが、その中で生き人々と触れ合う姿がとても印象的である。

全ての役者はとてもよかったが、その中でも父親的存在であったホアンを演じたMahershala Aliの表情が素晴らしい。またクラック中毒の母役のナオミ・ハリスもなかなかなものであった。