20 March 2017

Elle / エル

by Paul Verhoeven 2016 France

好きな女優イザベル・ユペールの「キャリアでベストな演技」と評価されている「エル」、今年一番期待していた作品であるが、予想通り裏切らずであった。監督はトータル・リコール、ロボコップ、氷の微笑など80〜90年代に数々のヒット作品を作ったポール・バーホーベン。ハリウッドと一線を画したのがよかったのだろう、オリジナルのあるアート映画に仕上がっていた。

複雑な過去を背負うミシェル(イザベル・ユペール)、自宅で覆面男に強姦されるが以前のトラウマから警察に通報しないでいるが、現在そして過去への断ち切りと共に自身の新しい展開を作り出す。この複雑な主人公ミシェルについては様々なメディアで彼女は結局暴力の被害者なのか、いや自立した女性なのかとその意味について多々取り上げられてるが、一筋縄ではいかないすごい精神力を伴った女性像というのが私の印象だ。

それにしてもイザベル・ユペールはこの手の主人公を演じるのが素晴らしく上手い。彼女を初めて好きになったミヒャエル・ハネケの「ピアニスト」では倒錯したピアノ教師を演じていた。

激しい描写を屈しなく描いたこの監督とその女性を素晴らしく演じたイザベル・ユペールがつくりだした最高なサイコドラマだ。

No comments: