11 February 2008

There will be Blood

There will be Blood by Paul Thomas Anderson 2007 USA

ポール・トーマス・アンダーソンの最新作。映画館で番宣を見てからかなり気になっていた。彼の作品「マグノイア」はお気に入り映画の一つであり若手の中では一番期待出来る監督。アカデミー賞でもベストピクチャー、監督賞など8部門でノミネートされている。原作はアプトン・シンクレアーの「石油」。


20世紀に移り変わろうとしている荒野のカリフォルニア。この西部の地に石油を探し求めるダニエル(ダニエル・デイ・ルイス)。ある枯れ果てた牧場一帯に高大な油田があるとの情報に、息子(ディロン・フレイザー)と共に石油開拓事業に乗り出す。この地域のコミュニティーの人間関係、宗教、そして時代と、ダニエルが巨額の富を得、破滅していくまでの話である。

石油への欲望を追求するダニエルを演じるダニエル・デイ・ルイスが素晴らしい。英国アカデミー賞でも主演男優賞を受賞。容赦なく照りつける太陽によって深く刻まれた皺、そこからにじみ出る汗、そしてそこについた黒々とした石油の跡、この血の為に生きる西部の男を頑固として演じている。 またコミュニティーの司祭イライ(ポール・ダノ)、この司祭も宗教の人間ながらもダニエルと同じく荒野の地に生きる人間として描かれている。これらの人間を通して己の為なら何を犠牲にしてもいとわない20世紀初頭の厳しい石油発掘時代が描かれていた。映像も力強く素晴らしい。

今年のアカデミー賞ですが、同じ西部を舞台とした「ノー・カントリー」と「ゼア・ウィル・ビ・ブラッド」の一騎打ちでしょうか?両方とも男の欲望を主題とした内容です。うーん、どうでしょう、私としては両方ともいいんですがどちらかというと「ノー・カントリー」でしょうか。ベストピクチャー、監督賞、アダプティッド脚本とどこかで必ず受賞すると思います。

私の予想は以下です。

ベストピクチャー:「ノー・カントリー」
監督賞:「ノー・カントリー」
主演男優:ダニエル・デイ・ルイス
主演女優:マリオン・コティアール(ジュリー・クリスティーは見てないのでなんともいえません)
助演男優:ハビエー・バデム
助演女優:ティルダ・スウィントン
オリジナル脚本:「ジュノ」
アダプト脚本:「ゼア・ウィル・ビ・ブラッド」

8 comments:

margot2005 said...

こんばんは!
ダニエル・デイ・ルイスってなんか懐かしいですね。
レオ君の「ギャング・オブ・ニューヨーク」以来かな?
この作品はGW公開予定のようです。


「ノー カントリー」は来月公開されます。
楽しみです!
「Charlie Wilson's War」の予告がワーナー系列で始まりましたわ。
いずれも観たいです!

claudiacardinale said...

マルゴ嬢、そうです、私もダニエル・デイ・ルイスは「ギャング・・・」以来でした。昨晩見た英国アカデミー賞でダニエル・デイ・ルイスを見たのですが、映画とは違う若々しい感じでした。

最近見た作品は全てあたりで満足してます。後はジュリアン・シュナベルの「The Diving Bell and Butterfly」と「Kite Runner」、期待してます。

JT said...

There will be Blood 、よかったみたいですね!こちらでの上映を楽しみにしてます。

でました!CCさんのアカデミー予測。
「ノーカントリー」一押しですね。
「つぐない(ATONEMENT)」は、BAFTA賞を取ったようですが、
CCさんが前の記事のコメントでおっしゃったようにイギリス作品で、ハリウッドでは厳しいでしょうし。
マリオンには、確かに頑張ったで賞をあげたい気もします。
同じく頑張ったで賞で、ケイト・ブランシェットにもあげたい(笑)
助演女優にティルダ・スウィントンの名が挙がってるのは嬉しいですね。
作品の内容から言って「JUNO」の作品賞は難しいような気がしますけど、脚本賞ありそうですね。

claudiacardinale said...

JTさん、こんばんは。来週末ですね、アカデミー賞。うーん、楽しみです。けどこちらロンドンはロスとは8時間差なので同時進行で見るのはつらい〜〜〜。朝起きたら丁度結果が全て見れるって感じでございます。ああ、昔はよくアカデミー賞を見ながらみんなで集まって飲み食いしてたのに・・・。やっぱり私の一押しはマリオンです!
では

j'adorelethe said...

Coen Brothersの作品、好きなんですけど、no country...はバイオレンス系だと私は見れないかもしれません・・・(血や銃は怖いので!)

Marion Cotillardが賞をとる可能性があるのでしょうか?好きな女優なので、そうだといいです!

香港を去る前にEnchantedを見ました!終わりはちょっと微妙だと思ったところがあったのですが、思っていたよりかなり面白かったです!そういえば、ディズニー映画のお姫様たちって皆ああいう動きするよな~とおもって見ていました。

claudiacardinale said...

j'adoreletheさん、no countryは血がだらだらの相当バイオレントです(あっごめんなさい、あおるようなコメント、笑)面白いんですけどね。

マリオン・コティヤールいいですよね。実物もとてもチャーミング。是非受賞してもらいたいです!!

yochy said...

どーも。お久しぶりです。
今年のアカデミー賞は、いまひとつ盛り上がりに欠けるような気がするのですが、これってオレだけ?
ストライキとかもありましたしね。あれ、まだ終わってない?(まったく世間知らずで申し訳ない)
以前、このブログでも取り上げていた「ブローク・バック・マウンテン」を観ました(いまさら、ですが)。実にいい映画でした。あれがアカデミー賞に選ばれなかったのは、やっぱりテーマのせいなのかな、とも思いましたが、もしそうだとしたら、アメリカは相変わらず差別の国なんだなとも思ってしまいました。

claudiacardinale said...

yochyさん、こんばんは!お久しぶりでございます。今年のアカデミー賞面白そうですよ!是非今週末見てくださいませ。私のお勧めはなんといっても「ノー・カントリー」バイオレンス、男達の一攫千金を巡る話ですがユーモアも混じってます。
「アメリカは差別の国」、今年の大統領選は面白くなりそうですね。初黒人大統領なるか?私はヒラリーに投票したんですけど、この調子だとオバマが指名されそう。けどオバマが指名されるとまだまだアメリカはコンサバだからもしかしたらマケインが当選してしまうかも・・・とも思えます。今年は面白いですよ。